宅地建物取引主任者のテキストと参考書

宅建は独学で合格できるか?

宅建,独学

不動産や金融関連の仕事に欠かせない資格である宅地建物取引主任者、宅建は暗記科目の試験なので、コツコツと学習を進めれば独学で勉強しても十分合格することは可能です。

 

最近では、返金保証(合格保証)やメールサポートが付いている教材もあるので、勉強を始めたばかりの方や独学で宅建を勉強している方でも安心して学習を進めることができます。


宅建,独学

【山口式宅建試験合格勉強法】
この教材にはメールサポートがあるので、独学でもスムーズに疑問点を解決できるのがメリットです。

 

 ⇒ メールサポート

詳細


宅建,独学

【1日30分の宅建合格プログラム】
1日30分の学習時間で宅建試験の合格を目指す教材、元有名資格スクールの講師が監修しています。こちらもメールサポートがあるので、独学での勉強には心強いですね。

 

 ⇒ メールサポート・返金保証

詳細


宅建,独学

【宅建合格 山田式勉強法】
宅建、マンション管理士や管理業務主任者などの資格を保有する方が監修した教材です。もし今年の試験に合格できなくてもメールサポートが来年まで延長できるのがメリットです。

 

 ⇒ メールサポート・合格奨励金

詳細


坪義生のツボ式学習法とは?

最近の宅建試験の勉強法の教材のなかでは、坪義生のツボ式学習法が評判になっています。坪義生はLECやヒューマンアカデミーの学科長を勤めていた経歴があるそうです。LECといえば、東京リーガルマインドですね。資格の学校としては大原やTACと同じくらい有名な学校です。ツボ式学習法は、きちんとした経歴のある坪義生の勉強法になります。宅建や社労士の資格を一発で合格するためには、勉強法が大事になります。宅建試験を目指す方は学生であったり、社会人であったりすると思います。限られた時間で結果を出すには、効率のよい学習法が必要になります。そこで、おすすめしたいのが、坪義生のツボ式学習法なのです。ツボ式学習法では、宅建講師として活躍している坪義生の勉強法を学ぶことができるのです。不動産営業などの仕事の都合上、どうしても宅建試験に合格しなければいけない人もいるでしょう。そういう人は、坪義生の勉強法を手にしてみてください。きっと、何かが変わるはずです。

藤本修の宅建合格テキスト

ここでは、藤本修の宅建合格テキストを紹介しましょう。藤本修もLECで宅建の講師を務めていたという経歴があります。他には、司法試験で有名な伊藤塾でも講師をしていたこともあるようです。藤本修の宅建合格テキストは、1日30分の勉強時間で宅建を合格するというコンセプトの教材です。宅建試験は膨大な量の出題範囲がありますが、コンパクトにまとめられたテキストで学習します。コンパクトと言っても、それなりのボリュームはあります。藤本修の宅建合格テキストは限られた時間で宅建試験の勉強をして、合格を勝ち取るための教材です。宅建は自己流であっても、何年か時間をかければ、独学でも合格できるかもしれません。しかし、人生の時間は限られています。絶対に宅建に合格するという強い意思を持っている方は、藤本修の宅建合格プログラムを利用してみてください。なお、返金保証も付いているので、初めての方でも安心して購入できるのではないでしょうか。

坂庭つとむ監修の行政書士試験マニュアル

宅建試験と並んで人気のある資格に行政書士があります。難易度も宅建と同程度で、行政書士として独立開業も可能です。弁護士や会計士といった資格のように専門学校に通ったり、浪人することは必要ありません。行政書士は独学でも合格が可能な資格なのです。独学で行政書士試験の勉強をするために、教材や勉強法といったものが大事になります。ここでは、坂庭つとむの行政書士試験マニュアルを紹介します。坂庭つとむは行政書士の資格を取得し、インターネット上で行政書士に合格するための教材を販売しています。少ない勉強時間で試験をパスするには、効率よく勉強する必要があります。一言に勉強すると言っても、その方法は様々です。坂庭つとむの行政書士試験マニュアルは、最短で合格に導くための方法が書かれています。これを読めば無駄な時間を使わなくて済みます。みなさんも、坂庭つとむのマニュアルを手にして、行政書士の一発合格を目指しましょう。

 

参考になるサイト 坂庭つとむ 行政書士試験マニュアル